セフレは「人妻が最強!」こう言われる理由を解説して行こう(長文です)

 

人妻のセフレが最強である理由

 

エロ系のモノを見れば、

「人妻」の2文字

が世に溢れているのが分かる。

 

エロ動画、エロ本、エロ漫画。

 

どれをとっても必ず「人妻」を目にすることが出来る。

 

そこで、筆者は考える。

人妻が世に与えるエロス量というものは、ハンパじゃないのではなかろうかと。

 

もしや、人妻というものは、エロの頂点を伺う位置にいるのではなかろうかと!

 

いやむしろ、人妻を超えるエロスは地球上に存在せぬのではなかろうかと!

確かに、若い世代においては人妻は馴染みが薄くそれほど多くの興味を持たれていないかもしれない。

 

が、しかし!それは性において初心者とも言える若者だからこそである!!

 

そして・・・・その若者どもも、年を重ねたのちに気が付くのである・・・。

 

年を食った若者(おっさん)「やっぱ、最強にエロいのは人妻っしょ!」

 

というワケで、今回はエロスの王である人妻について、その魅力を徹底的に伝えたい!

 

あまりに徹底的過ぎて、凄まじい文章量になってしまったが、そのくらい伝えるべきことが多いのだ!

 

読むにも一苦労だとはおもうが、女性を理解する上で重要な情報も多いので、皆には、何とか付いて来てもらいたい!

 

 

■ただヤレれば幸せとか猿にも劣る!男にとって人妻やる事こそ人生である!

っと題名からして、過去に無いくらいの大見得を切ってみたワケだが、

 

それだけ言わせるには、相応の理由がある!

 

順に見ていこう!

 

1、「一盗」の魅力が・・あふれてあふれて止まらない!!

 

一盗二婢三妓四妾五妻という言葉をご存じだろうか

 

「一盗二婢三妓四妾五妻」

という言葉をご存じだろうか??

 

これは年代こそ不詳だが、最低でも江戸時代以前から伝わる金言なのだ!

 

意味は以下となる。

「一等エロスがほどばしるのは、人妻にて候。射精し候えば、その量、その圧、ハンパ無いで候。」

 

「それ以下は説明がめんどいので勝手にググるで候。あ、最後の五妻だけは留意するで候。」

そうなのである!!

 

上記はまさに人妻のエロスが頂点に君臨することを裏付ける、確たる証拠と言っていい。

 

古き時代から現代に至るまで、どの時代においても、人妻が最高なのである。

 

そして何気に興味深いのは、五妻だ!

 

最も興奮しないのは自分の妻であるという事だが、そんな妻が他人から見れば最大に興奮する。

 

要するに・・・。

 

世の中の最大幸福を思うなら、人の妻を寝取り、かつ、自分の妻を寝取らせれば、世界は最大興奮で満たされ、最大幸福となるという事だろう!!(笑

 

2、味付けやスパイスによって、興奮度が跳ね上がるのだ!!

 

人妻という言葉の強烈なスパイス

 

エロスは料理と一緒である。

良い食材も、味付けやスパイス、調理法によって大きく姿を変える。

 

であれば、女性を食する上で最高の味付けは何だろうか??

 

年末、多くの人が楽しみにしているテレビ番組がある。

 

ダウンタウンの「笑ってはいけない」シリーズだ!

 

既に15年以上も回を重ねており非常に長い間、支持を受け続けている。

 

当然ながら、とてつもない魅力がソコにあるから、と言っていいだろう。

 

そして、

その魅力の一つが、「いけない」

である点に皆は気が付いただろうか??

 

また最近では、アマゾンビデオにおいて、彼らの弟子とも言える今田、東野の出演する「カリギュラ」という番組があるのをご存じだろうか?

 

一定の人気を集めているようで、知っている人も多いだろう。

 

企画のテーマは、「地上波で禁止された企画を実施する」というモノであり、カリギュラという名は「カリギュラ効果」から引用しているのは想像に難しくない。

 

そして、カリギュラ効果というのは、「禁止されるほどやってみたくなる心理現象」を言う。

 

そうなのだ!

人は禁止されるとやりたくなるし、いけないっと言われると、したくなっちゃう!!!

 


この、誰でもが理解できる魅力を企画にしたのが上記の番組で、その魅力ゆえ、ヒットしていると言っていいだろう。

 

もちろん人妻もそうだ!

 

人のモノなので、盗んではならぬのだ!

どこぞの誰かが愛情を注いでいる女性なので、食ってはならぬのだ!

 

しちゃいけない。

 

いれちゃダメだ。

そこまで言われりゃ、、ちょっとツマミ食いさせてみぃ!入れさせてみぃ!

 

っとなるのが人情!!

 

そして、いざ食してみると、異常な旨さにビックリするだろう!

 

そうなのだ!

 

人妻と言う属性が付いただけで、禁止されただけで、その興奮度は何倍にもなり、満足度は爆破する!

 

これが女性を味付けするという事なのだ!

 

人によっては、以下のような疑問も出るかもしれない。

 

「そんなんでホントに興奮度が変わるの???女は女じゃん。」

確かに、そうである。

 

女性自体は何も変わらないのだから。

 

しかし、人間の興奮度というモノは、たったそれだけで大きく変化するように出来ているのだから仕方がない。

 

例えば以下を見てみよう。

  • 30才の人妻
  • 30才の看護婦
  • 30才のOL
  • 30才の保育士
  • 30才の女性

上記は、ただ単に文字の違いだけでしかない。

 

それでも、「30才の女性」が最も味気ないと感じるだろう。

 

たかだか文字の違いだけでもそうなのだから、実際の女性であれば、興奮度はガッツリ上がる!

 

やはり味付けが重要なのだ!

 

さらに、上記の中でも人妻は一味違う!

 

先ほどから伝えている通り、禁止されているからだ!

 

この背徳のお陰で、OLや看護婦や保育士よりも更に興奮しやすいのは、既に言うまでもないだろう。

 

3、男性側にも味付けされることで起こる奇跡!!

 

男女双方が大きく興奮できる

 

では女性側はどうだ??

 

女性側も男と同じような現象は起こるのか??

 

答えは・・・「起こる」

である。

 

しかし、残念ながら男というものは、その多くがサラリーマンであり、属性に差が出にくい。

 

なので味付けしにくいのだ・・。

 

それでも、スーツ姿に憧れる女性が多いように、味付けは男女のどちらにも影響がある。

 

そして、人妻と関係を持つ時だけは、男女双方に、確実な味付けが付くことに気が付いただろうか?

 

何故なら・・・

「これは不倫だわ・・・。」

 

「浮気しちゃった・・・。」

このように女性側から見ても、人妻と関係を持つ時だけは、「禁止」の味付けが付くのだ!

 

その結果、女性側の興奮度も極大化する!

 

そして互いに興奮していれば、そこにエロスインフレーションが起こる!

 

興奮する相手を見て、自分も興奮し、そしてそれを見た相手も興奮する。

 

こうして、互いに興奮した結果、性感もアップし快感は大いに上昇する!!

 

幾ら美人であっても、相手が興奮していなければセックスはツマラナイものだ。

 

なので、人妻は

「男女双方が大きく興奮する最強のスパイス」

という事が分かって頂けるだろう!

 

4、優越感という禁断の喜び

 

他人の妻を抱くという優越感

 

「アンタの奥さん、今、俺のチ〇コ咥えてるよ。」

申し訳ないけど・・・、大変申し訳ないけど・・・、この優越感はヤバイ。

 

背徳感に加えて、この優越感も、人妻を求める大きな理由となる。

 

人間は「他人よりも優れていたい」と思うように出来ているのは、誰にでも理解できるだろう!

 

この優越感が無ければ上昇志向は一向に生まれず、世は停滞してしまう以上、人には必要な感性の一つといっていい。

 

ただ、優越感そのものはエロと結びつく感情では無いと思うだろう。

 

例えば同期より先に昇進すれば嬉しいし、他人とゲームしても、勝てれば嬉しい。

 

ここに女性の姿は見えてこない。

 

が、この嬉しさは、副次的な要素なのだ!

 

本来は、「他の男より上回った事を女性に認められる」のが目的であり、それなくして本質的には意味をなさない。

 

何故ならば、生物に求められている目的は二つしかないからだ!!

一つ目は食欲である。

 

そして、もう一つは性欲。

全てはこの二つに集約されるのだ!!

 

なので、他人に勝ちたいという感情は、勝って、「食と女を手に入れる事」を求めているに過ぎず、ここに異論の付け入る隙は全くない!

 

この二つを少し専門的に言えば、

「代謝と自己複製」

と言い、これは生物にとっての最大の目的ではない。

 

この二つのみしか目的がない!というのが正しいのだ!!

 

なので、

 

「アンタの奥さん、今、俺のチ〇コ咥えてるよ。」とは、優越感を最大限に、そして最もストレートに感じているシーンであり、その魅力がとてつもないのは、当たり前なのである!

 

人妻に咥えさせつつ、タバコを吸っている時こそ、勝利者のみが感じる最高のエロスなのである!!

 

5、カリ首は人妻とやる為にある!!

 

ペニスカリ首の生物的な役割

 

というのをご存じだろうか??

 

ちょっと言い過ぎた感もあるが、決してそれほど的外れでもない。

 

何故なら・・・、

 

人は乱れた性を前提に設計されているからである!!!

 

例えば、セックス時に行うあのピストン運動。

 

あれは、

先にある精子を掻き出す為だけに存在している。

もちろん、ピストンさせるために快楽が用意されているので、気持ちが良いからピストンしているように錯覚するが、真の目的はソチラの方にある!

 

カリもそうである!

 

あれがあるから、より多くの精子が掻き出せるようになっている。

 

そして、射精後の急激にペニスが萎えたり、射精後のペニスを刺激を与えると強烈な不快感を覚えてしまうのも、自らが出した精子を自分で掻き出させないようにするための工夫と言っていい。

 

そうなのだ!

 

人は性の乱れて当たり前なのだ!

 

確かに、他人の女性を奪っちゃいけないというルールは多くの文化において存在する。

 

その一方で、身体の方は、奪うのが前提とされた作りになっているんだから面白い。

 

そして、人がその設計にあった行動をすると、もれなく報酬が来る。

 

報酬とは、当然ながら快感だ!

 

要するに!

 

自己複製を行うために、女性とセックスをすれば、大きな快楽という報酬を得られる!!

 

そして、人妻を奪いセックスをしたのであれば、更なる報酬が得られるように出来ているのだ!

 

人妻を目指すのは、我々男性にとって人生を賭けた大命題というワケだ!

 

■人妻のセックスのモチベーションの高さはなんなの??

 

人妻のセックスモチベーションの高さ

 

人妻がセックスに対し、無限のモチベーションを持っているのは知っての通りだ!

 

中には、

「最近、、性欲が無くなっちゃった・・。」

なんて話を聞くときもあるが、

 

それはダンナに対する性欲が無くなったか、出産前後の影響を受けているだけであり、基本的に人妻は、セックスの化身と言えるほどの性欲なのは間違いないだろう。

 

では、、それは一体なぜなのだろうか??

 

その謎に迫ってみよう!!

 

1、性欲が強くなるって一体どういう事よ!?

 

人妻の性欲が強い理由

 

セックスが好きかどうかは、性欲の強さに影響されやすい。

 

それは当然の話だろう。

 

しかし、人々が性欲について語る時は、単純な性欲にのみ左右されているワケではない。

 

例えば、スタイルが悪いので人に裸を見せるのが恥ずかしいと思えば、性欲が羞恥心と相殺されてしまう。

 

その結果、

「わたし、性欲少ないのよねぇ・・・。」

 

「おれ、性欲あんま無いわー。」

っとなる。

 

その辺りに留意する必要があるものの、絶対的な性欲の量ってのも存在する。

 

それを司るのが男性ホルモンだ!

 

そもそも男性ホルモンというのは、男性に限ってあるわけではなく、女性も持っている。

 

簡単に言えば、男性ホルモンと女性ホルモンのバランスによって、男性性の発現と女性性の発現があると思って良いだろう。

 

そして女性は、30代あたりから女性のホルモン量は減少し、男性ホルモンの比率が少々増えてくる。

 

ここがポイントだ!

 

性欲に強い相関がある男性ホルモンの比率が増える事で、女性側に性欲がグンっとアップするのだ!!

 

そして現在、結婚の平均年齢が30歳前後になっていることを思えば、人妻になったあたりから性欲が増すと言い切っても良いのだ!

 

「でもさー、それならセックスレス夫婦が多いっておかしくね?」

その通りである。

 

それでは何故セックスレスが増えているのだろうか?

 

その原因の多くは子育てに由来する。

 

まず妊娠から出産にかけて、女性の性欲は著しく減退する。

 

それもそのはず。

 

生物的にセックスが必要ないからだ!

 

もちろん、ダンナとの精神的な繋がりを重視するのであれば、多少無理してでもセックスすることがあるが、単純な性欲で考えれば、明らかに少なくなっていると言っていい。

 

しかしそこまでならいい。

 

出産後育児がひと段落すれば、性欲は復活するのだから。

 

しかし、妊娠から出産にかけて、

ライフスタイルは激変してしまう。

その激動に耐えたカップルと、耐えれなかったカップルと二手に分かれ、後者がセックスレスとなってしまうのだ!

 

結局、男性からのセックスレスだろうと女性からのセックスレスだろうと、女性としては性欲が以前より増えてるケースが多いのにも関わらず、男女の仲が破綻してしまった為に、セックスにありつけない状態となるのだ!!

 

その為、

「セックスが足りずに飢餓状態の女性」

そんな人妻が大量にいるという事なのである!!

 

2、慣れとは恐ろしいモノなのである!!!

 

セックスについての慣れ

 

生物は危機に対する反応が最も強く出るように出来ている。

 

当然である。

 

死んだら元も子もない。

 

従って、現在においても、

 

健康に関するニュースの注目度は常に高く、実際には殆ど効果の無いような健康関連の商品が飛ぶように売れるのも、

 

この危機意識を刺激しているからに他ならない。

 

さて、セックス時の危険について考えてみよう!

 

セックス時の危険は主に二つ。

性病と妊娠だ。

そして性病に関しては男女はイーブンなので、特筆することはない。

 

問題は妊娠の方である!

 

妊娠に関してだけは、女性の方が危機を多く感じている点を忘れてはならない!!

 

特にポイントなのは、日本においての避妊はコンドームが基本とされ、その装着は男性側に委ねられやすい所だ!

 

「ちゃんとつけてくれるかな?」

この不安は女性のみが感じる悩みであり、そして、快感を得る為に最も重要なのは、「不安の除去」なのである。

 

不安がある限り、快感は減少し、セックスへのモチベーションは下がってしまうのだ。

 

では、この危機に対する不安。

 

その除去に最も効果的なのはなんだろうか?

 

それは・・・慣れである!!

 

そして慣れとは経験値の多さで決まる。

 

要するに「セックスの経験の数」によって決まるのだ!

 

実は人間は、

他の生物と比べて妊娠しにくいように出来ている。

なので、コンドームをせずとも、膣外射精であればほとんど妊娠の可能性はない。

 

というか、そもそも妊娠するには排卵が必要になるが、排卵は1か月で1日しかなく、精子の寿命が長くとも3日程度であることからも、妊娠する期間は思った以上に少ない。

 

なので狙ってやらなければそう簡単に妊娠しないのだ。

 

更に言えば、たとえ期間内に中出しを決めたとしても、妊娠しない人が意外と多くあり、不妊治療とは、その結果を受けて始まる。

 

現代では不妊治療は盛んに行われているが、不妊とされるには2年ほど自然妊娠しなかった場合をいう。

 

裏を返せば、2年くらい中出ししまくっても妊娠しないのは良くあることだという事。

 

この事から、いかに妊娠の確率が低いかが分かってもらえるだろう!

 

しかし、この事を知る人は意外と少ない。

 

実際に妊娠をする主体である女性であってもだ!

 

その点、人妻の年齢になれば、知識や経験でそれを知る。

 

もし出産の経験があるのなら、理解度は更に深まっているだろう。

 

要するに、

人妻は慣れているし、知っているから、妊娠の不安が少ないよ!!

ってことなのだ!

 

そして、その影響はひじょーーに大きい!

 

不安が少ないため、セックスへのモチベーションが高まりやすく、

「外に出してくれれば、生でもいいよ♪」

っと言ってくれる女性は目に見えて増えてくる。

 

ちなみに、生ですると気持ちいいのは男だけではない。

 

女性も生の方が明らかに気持ちいいのだ!

 

ただ、不安が先行するのでコンドームをさせたがるだけで、不安がないのであれば、圧倒的に生を好むのだ!

「そのままでいいよ?きて??」

っと、生で挿入させ、

 

それが安全日であれば、

「中でいいよ?」

っと、中出しを促す。

 

そんな、漫画のような世界を体験できるのが人妻なのだ!

 

もちろん、その時のエロ度はハンパではない!

 

この事は、ちょっと想像してもらえれば誰でも理解できるだろう!

 

3、感度やオーガズムはレベル制であることを知れ!!

 

男と女のオーガズムの違い

 

男と女には様々な違いがある。

 

全てを書き出せば途方もない量になるほど、違いの数は豊富であり、身体的特徴だけでなく、精神、脳の構造の差異、文化的な違いも含めれば、本が何冊でも書けるといった具合だ!

 

どの違いも非常に興味深いのだが、ココでは当然ながらエロに限った話になる。

 

そして、人妻を題材にする時、「性感」についての言及は避けては通れないのだ!

 

性感といっても、男性のソレは非常に簡単だ!

 

エロいものを見て、一人息子に刺激を与えていけばよい。

 

ただそれだけである・・・。(泣

 

そのシステムは、同じ性を持つものとしては泣きたくなるほどに単純に出来ている。

 

また、射精後、速やかに賢者モードに移行する所も面白い!というか超ヒドイ!

「今までの盛り上がりはなんだったの??」

っと急激に冷めるアノ特徴だ!

 

単純な性感と賢者モード

 

この二つを合わせ考えた上で、男の性欲を表現すると、例えばネガティブな表現をしたとしても、催眠術や呪いってほどに上等なシロモノではない事に気が付いてしまうだろう。

 

言わば発作に近く、なんともバカバカしい。

 

そして発作の頻度はやや高いのだから、始末に負えない(笑)

 

たかだか発作のために、オカズを探して1時間もネットをフラフラする

 

抜きたいがために、数万もかけて風俗に行く

 

抗えない性欲の為に、女性に大金をつぎ込む

っと、大事な時間と大事な金銭を湯水のように突っ込みまくり、出すもの出せば、余韻を楽しむ間もなく、魔法が解けたように我に返ってしまうのだ!

 

そして誰もが嘆く。

「なぜ俺はこんな無駄なことを・・・」

っと。

 

にも関わらず、次の日にはすっかり忘れて、また元気に射精の奴隷になってしまうのだからヒドイ!!

 

なんとも悲哀に満ちた生物である。

 

なので、もう少し世の女性は、男に優しくしていい。

 

それが無理なら、せめて賢者モードは廃止するべきだ!

 

ついぞ射精にありついた満足感!それを堪能する時間を与えるべきなのだ!!絶対に!!!

 

こっちゃ、色々と苦労してんだからさ!

 

例えばこれは、苦労して王様になった瞬間に王国が消滅するようなもんじゃん!

 

神がいるなら、これは完全に設計ミスとしか言いようがないわ!

 

まったくヒドイ仕様である!!!(笑)

 

っと、ちょっとあまりの悲しい運命に脱線したが、要するに男の性感は単純である。

 

(しかし、前立腺マッサージなどの複雑で強烈な快感を得る機能自体はちゃんとあるのよ!)

 

一方、女性はそうではない。

 

彼女たちの性感は我々とは違い、とっても複雑に出来ている!

 

しかも、複雑だけではなく、快感度も男性のソレを遥かに超えている。

 

そして、ご丁寧にレベル制まで敷いているのだ!

 

人妻を語る時、このレベル制がポイントとなる。

 

男性のオーガズムが、シコシコっとしとけばピュピュっと出るという、安いおもちゃのようなシロモノに対し、女性のオーガズムは

レベル制という高度なメカニズムを採用

している。

 

そして感度は、セックスの経験値に応じて増えていき、レベルが上がると更なる快感を得られるようになっているというから、まったく恐れ入る。

 

しかもクリイキと中イキという2種のオーガズムが用意され、

 

クリイキは初心者向けに程よい快感を比較的簡単に得られるのに対し、

 

中イキでは、レベルが上がらないと得られないように出来ている一方、

 

身体の奥深くから、全体に広がる強烈な快感を得られるようになるという、

ひじょーに丁寧な作りになっているのだ!

 

書いてて悲しくなってくるが、まぁそういう事であり、結論を言っちゃうと、人妻は経験も豊かだから中イキ出来るよ!って話だ。

 

で、この女性の中イキ。

 

相手の事だから関係ないってワケにはいかないのがミソ!

 

男がいくら単純でも、マグロな女ではツマラナイ・・・。

 

やはり自分のピストン運動で、激しく感じまくって貰いたいし、なんならイキ散らかして貰いたいのである!

 

そして、そういう女性が相手であれば、男性の満足度は急激に上昇し、多少のルックス悪さなどどうでもよくなり、

「またコイツとヤリタイ!」

っと、リピーターになりたくなるのである!!

 

とは言え、前述したとおり、そんな衝動も射精するまでであり、賢者モード後はその辺りもどーでもよくなるが、どうせ次の日には発作が起こるので問題とならない。

 

■セフレにするなら人妻が最強と言われるワケとは!?

 

セフレにするなら人妻が最強と言われるワケ

 

背徳感というスパイスが互いの興奮度を高め、性欲の上昇や性感帯の開発の結果、セックスへの高いモチベーションを誇る。

 

それが人妻だという事をお伝えしてきた!

 

しかし、人妻の魅力はそれだけではなぁーーい!

 

この項では、極めつけの人妻のメリットをお伝えしていこう!

 

1、一般的にセフレにするのは難しい!!しかし・・・人妻の場合は?

 

独身とは明らかに異なる人妻セフレの作りやすさ

 

セックスフレンド。

男にとってこれほど都合が良い事など無い!

 

しかしながら、そこにありつける人は決して多くはない。

 

まず、その点について考えてみたい。

 

そもそも、セックス自体は気持ちの良いものである。

 

そこは男女ともに変わる事はなく、むしろ女性の方が快感が強い。

 

確かに「妊娠」の問題はあるものの、避妊すれば問題は無いに等しいワケで、それを理由とするには無理がある。

 

であれば・・・だ!

「恋人になるのはNGだけど、エッチするだけならいいかなー。」

という、男にとって当たり前の選択が起きにくいのは、明らかにオカシイ。

 

世は、もっとセフレで溢れかえっていなければ理屈に合わないのだ!

 

しかし現実にそうならない以上、理由は存在し、しかもそれは複数にわたる。

 

まずは好きになりにくいという点。

 

男性はとりあえず女性と言うだけで、ヤリタイ!っと考えるのに対し、女性はそれなりのレベルまで好きにならないと、身体を許そうとはしない。

 

そして、相手の男が好きかどうかが、快楽にも直結しやすい。

「彼氏なら気持ちいいけど、他の男なら気持ち悪いだけ!」

こんな話はごまんとあるが、実際にそのように出来ている。

 

これらは人妻においてもその傾向があるものの、先ほどお伝えした通り、性欲の高まりが強い結果、やや男性的な考えになっている事が多いのだ!

 

そのため、比較的簡単にセックスにありつける。

 

同様に、30代の独身女性もその傾向は強い。

 

しかし、その後に問題が起きる。

 

女性はセックスすると、相手に惚れてしまう可能性が高いのだ!

 

一度惚れてしまうとどんな事が起きるかは、誰でも想像つくだろう。

 

関係を持った相手と恋人になりたいと考えるようになってしまうのだ!

 

その結果、仕方なく恋人になったり、逆に一度きりの関係で終わらせるようになる。

 

これではセフレ化は難しい。

 

では人妻の場合はどうなるのか??

 

2、会ってやるだけこそが、セフレの真骨頂なのだ!

 

会ってヤルだけの利便性の高さ

 

人妻はその強い性欲から、セックスにありつける可能性が高い事は述べた。

 

が、人妻であってもそこは女性。

 

やはりセックスをすれば惚れてきてしまう。

 

しかし、人妻の最大のウリは、

制限があるという点だ!

当然、結婚している以上、家庭に居なければならない事は多い。

 

その為に、いくら相手の男性に惚れたとしても、むやみに連絡を取ってきたりはしないのだ!

 

「今日ねー、こんなことがあってねー。ねーねー。聞いてるーー??」

男性の多くが最も煩わしいと思うのが、こういったお喋りの相手だろう。

 

人妻にはそれが無い。

 

これはセフレという長期の関係を続けるにあたり、非常にありがたい仕様となっているのが分かるだろう!

 

また、

「今日は何してる??今日も会いたい!」

これも無い。

 

それほど人妻は暇ではないのだ。

 

多くの場合、週に1回程度、数時間が関の山。

 

これは女性だけでなく、男性にとっても少ないと感じる人もいるかもしれないが、そのくらい時間を空けた方がセックスへの期待感も増えるので、結果的にはマンネリのこない質の高いセックスを楽しめる!

 

それが更に次回のセックスへの楽しみともなるのだ!

 

「今日はデートしたいなー。買い物いってー、ランチしたいー。」

恋人同士なら頻繁に起こるこの手のパターン。

 

男性としては、とりあえずヤレればいいので、時間と金の無駄に他ならない。

 

しかし、円滑にセックスをするためにも、この手の希望は叶えざるを得ないのが一般的だ。

 

が、これもない。

 

先ほど伝えた通り、時間がないのだ!

 

一方で性欲も強いので、セックスはどうしてもしたい。

 

っとなると、取捨選択で、

「ラブホ直行ラブホ解散で致し方なし!」

という、まさに、理想的なセフレ状態になる。

 

完全にウハウハである。

 

これをウハウハと言わずして何をウハウハと言うのだろうか!?

 

3、でも人妻は惚れてくる。それが起こす「性奴隷」という奇跡!

 

惚れてくる人妻は好都合

 

そう、人妻は自身の生活のせいで制限がある事により、セフレ的な関係になってしまうだけであり、人妻自体は、アナタに惚れてくる。

 

それは非常に素晴らしい事なのだ!!

 

何故なら、コチラに惚れているのにも関わらずセフレ状態という、

他に類を見ない、最も都合の良い状態が現れる

事を意味するからだ!!!

 

これほどまでに男にとってマイナス面の無い状態があるのだろうか?

 

いや、ナイナイ。

 

だって、ちょー都合良いよ??

 

セックス好きでしょー?

 

しかも、感じやすいでしょー?

 

さらに、自分に惚れてるでしょー?

 

加えて、話し相手やショッピングなどの面倒さはないでしょー?

 

どうなってんだコレ!?

 

イベント系も無しだ!

 

面倒なクリスマスなども、その日に会わなくて良く、適当なタイミングに相手してやれば問題なし!

 

誕生日などもそうだ!

 

アクセサリー系などは付けにくいという事もあり、買わないで済むケースも多い。

 

食事も、フレンチなどではなく、ラブホでコンビニケーキを買ってきて・・・なんて事にもなりやすい。

 

ウハでしょうこれは。

 

完全にウハですわ!

 

しかも、これだけではない!

 

性奴隷化しやすい

 

人妻は最も性的調教が施しやすいのだ!

人妻は普段の生活がそれほど楽しくないので、たまに会うアナタとのセックスを心待ちにするようになる。

 

日々の生活の唯一のスパイスとして、最も大事な時間となるのだ!

 

そして、繰り返しになるが、感度も良く性欲も強いので、セックスへのモチベーションは更に高まる。

 

その結果、アナタの言う事は多少恥ずかしい事だろうとも、なんでもしたいと思うようになる。

 

惚れているので、むしろ恥ずかしいことも含め、性的に求められる事自体にも快感を覚えやすい。

 

この事は、性的調教を行ううえで、これ以上ない状態なのだ。

 

また、女性はそもそもコミュニケーション能力が非常に高いので、男性に合わせる事に長けている。

 

もしアナタがM的な性癖を持っているなら、それに合わせて人妻は攻めてくれるだろう。

 

もしアナタがS的な性癖を持っているなら、それに合わせてヨガってくれるだろう。

ハメ取りなども、恥ずかしがりつつもOKしてくれるだろうし、

 

野外プレイなどにも応じてくれる。

 

奉仕プレイも幾らでもしれくれるだろうし、

 

安全日なら生中出しも思いのまま。

 

それもこれも相手が人妻だからだ!!

 

人妻というただそれだけの理由で、以上のようなメリットが自然と現れる。

 

今現在も人妻と関係している多くの男たちが、この恩恵にあずかっており、それは決して不思議な事ではなく、至極当たり前の流れなのだ!

 

この事を伝えたかったために、長く書いてきた。

 

再度言うが、決してこれは過言ではなく、当たり前の事実であることをぜひ覚えておいて貰いたい。

 

そして実際に人妻を体験した時に、アナタは言うだろう。

「セフレにするなら人妻が最高だ!」

っと。

 


PAGE TOP